ディズニーランド 値上げ いつから? 理由は? チケット 新料金を掲載します

ディズニーランドとディズニーシーはチケットの料金を値上げすることを発表しました。 
ディズニーパスポートなど、チケットの値上げはいつからなのでしょうか。値上げの理由は?ディズニーチケットの新料金を掲載します。




ディズニーランドとディズニーシーのチケットの料金が値上げされることが発表されました。

値上げの時期ですが、2014年4月1日からということです。 


ん・・・? 
2014年4月1日って・・・ 

と思った人は多いと思います。 
そうです、消費税増税が2014年4月からでしたよね。 

ディズニーランドとディズニーシーも、消費税増税に伴って、チケット料金を値上げするんです。 
ディズニーチケットの値上げの理由は消費税増税だったんですね。


消費税増税に伴っての値上げなので、その時期も消費税と同じ2014年4月から新料金となります。 



ちなみに、消費税増税は、2014年4月に8%に。 
そして、2015年10月に10%になる予定です。 

ということは・・・ 
ディズニーのチケット料金も、2014年4月に値上げされて、2015年10月に再度値上げされるのでしょうか? 



2015年10月の消費税増税に関しては、いまのところ「予定」ということですから何とも言えませんが、本当に10%に増税されるのなら、ディズニーチケットの値段も消費税に合わせて値上げされるでしょうね。 


disney_ticket600

気になる、ディズニーチケットの新料金は、以下のとおりです。 
1デーパスポートの料金を例に見てみましょう。 
大人:6200円 → 6400円 
中人:5300円 → 5500円 
小人:4100円 → 4200円

となります。 

年齢区分 
大人は、18歳以上 
中人は、12歳から17歳 
小人は、4歳から11歳 


1デーパスポートが6400円かぁー 
ちょっと高いよなぁー 
そう思っている人は多いと思いますが、ディズニーリゾートの徹底したサービス内容と、そのクオリティーの高さを考えると、まあ、納得するしかないかな・・・ 




しかし、この「値上げ」という言葉がイメージ良くないと思うんですよね・・・ 

考えてみると、ディズニーランドやディズニーシーは、今回の値上げによって、自分たちの利益が増えるわけじゃないんですよね。 

計算をしてみると、現在の大人1人の1デーパスポートは消費税(5%)込みで6200円です。 
税抜きの定価を計算すると、約5905円です。 
消費税額は、約295円ですね。 

新料金では、大人1人の1デーパスポートは消費税(8%)込みで6400円です。 
税抜きの定価金額に消費税分の8%を上乗せすると、約6375円になります。 
ディズニーの料金設定として、キリの良い数字まで切り上げますから、新料金は6400円となるわけですが、その差額分は25円しかありません。 

消費税増税に伴う便乗値上げだとするなら、なんと小さな金額を便乗したのか・・・ 
25円という端数が出てしまうと、チケット購入窓口は、今まで以上に混雑してしまうでしょう。 
それを回避するために、チケット料金の端数は切り上げられているのは、正当な理由ですよね。 


だから、今回の料金改正は値上げでなないんですよね・・・本当は。

それどころか、ディズニーリゾートとしては、料金表示の看板やチケットを販売する機会の設定。ホームページに記載されている料金表などの作成など、ものすごい費用をかけなければならないのですからね。 

まったく迷惑な話だと思いますよ。 
しかも、2014年4月と2015年10月の2回も、それをやらざるを得ないわけですから・・・ 


なので、これに関しては「値上げ」ではなく、「新消費税対応金額」とかって言い方をするのが本当ですよね。 


おまけで、ディズニーランドがオープンした30年前(1983年)の料金をご紹介しましょう。 
1デーパスポート
大人:3900円 
中人:3600円 
小人:2800円


という料金設定だったようですよ。 

3900円かぁー、今より2900円も安かったんだね。 
まあ、30年も前の値段設定だからねぇ・・・