ディズニー 駐車場アート ベイサイド・ステーションから見ることができるんだって

ディズニーリゾートのキャストの人たちの心遣いってすばらしい!「ディズニー駐車場アート」はベイサイド・ステーションから見ることができるんだって・・・



ディズニーリゾートのキャストの人たちってすごい・・・ 

自分たちの仕事に誇りを持っているというか、小さな幸せを届けようと思っているというか。 
来園してくれたゲストの人たちに対する心配りは、いつ見ても脱帽ですね。 


私が初めて感動したのは「カストーディアルキャスト」のお兄さんを見たときでした。 
カストーディアルキャストとは、パーク内でお掃除をしているお兄さん、お姉さんたちのことです。 

背すじがピンッ!と伸びていて、ゴミの横までサッ!と移動したと思ったら、ホウキを背面(おしり側)からまわして、ゴミをシュッ!と・・・ 

なんだか擬音ばかりですが・・・ (^^ゞ 

その姿を見た時に、痛く感動したことを覚えています。 

「なんて素晴らしいんだ・・・」 
「この人は、たとえ清掃員だろうと、自分の与えられた仕事に誇りを持っているんだ・・・!」


清掃員を低く見ているわけではなかったのですが、「仕事に対する誇り」という部分に感動しちゃったんです。。。 


で・・・ 
これも・・・ 

disney_art_parking

これは「ベイサイド・ステーション(モノレールの駅)」から見ることができるらしいんですが・・・ 
何だかわかりますか? 

そう! 
駐車場のパイロン(オレンジ色の三角帽子みたいなやつ)を並べて、ミッキーの顔を作ってあるんですね。 

これをやり始めたきっかけは、「モノレールに乗る人に楽しんでもらいたい」というキャストのアイディアが元になっているらしいですよ。 

素晴らしいことですよね。 



disney_art_snow

これも、なんだか「愛」を感じますね。 

こんな小さな心遣い。 
自分も周りの人たちに対して、出来るんじゃないのかなぁ・・・ 
なんて思います。 

世界中の人たちがこんな気持ちになれば、戦争や犯罪なんてなくなるかもしれないのに・・・