ディズニー映画 アナと雪の女王 国内興行収入が250億円突破! 歴代3位に

2014年3月の公開から、すでに4か月経過したディズニー映画「アナと雪の女王」の勢いが止まらない!7月19日(土)時点での国内興行収入が250億円を突破しました。興行収入のランキングも現時点で歴代3位なのですが、2位の「タイタニック」に迫る勢いで、これを抜き去るのは時間の問題となりそうですね。



ディズニー映画は、現在公開中の「マレフィセント」そして「プレーンズ2」に話題の中心は移っていますよね。 

マレフィセントは、公開初日の週から「週末の観客動員数ランキング」で堂々の1位という好調な滑り出しで、「アナと雪の女王」に続いて、大ヒットの予感を感じさせてくれています。 


しかし、しかし・・・ 
「アナと雪の女王」の人気が下火になったのかというと、そんなことはないようですよ。 

週末の観客動員数ランキングで、マレフィセントが1位になった直前の週までは、「アナ雪」が1位の座をずっとキープしていましたし、現在も映画の興行収入は伸び続けているんですから・・・ 


disney_movie_the_snow_queen_and_ana


日本国内の映画の興行収入ランキングでは、「アナ雪」は、現在3位に付けています。 
順位だけを聞いてもピンとこないかと思いますが・・・ 

「アナ雪」の日本国内での興行収入は、2014年7月19日(土)の時点で、なんと250億円を突破したんです! 

正確には、251億587万円。 



これはものすごい金額で、過去の作品を見ても、200億円を超えている作品は4作品しかありません。 

今までの日本映画の歴史の中で、4作品ですよ・・・ 


4位の作品は・・・ 

ハリーポッターと賢者の石で、203億円。 


そして、3位がアナと雪の女王251億円。 

この時点で、4位の「ハリーポッターと賢者の石」には50億円近い差を付けているんですね。 



そして、2位は・・・ 

タイタニック262億円。 

あと11億円なんですね。 
この勢いだと、2位の「タイタニック」も抜いちゃいそうな勢いを感じますけどね。 


まだまだ記録を伸ばしてくれそうな「アナと雪の女王」です。 
この先もいろいろな話題を提供してくれそうですね。 

それでは~ (^.^)/~~~ 




・・・って! 

歴代1位の作品は発表しないのかい! \(`ヘ´) 


そうですよねぇ・・・ 


では、日本映画の興行収入歴代1位の作品は・・・ 

千と千尋の神隠し304億円です。 

300億円を超えてるんだぁ・・・ (@_@) 

すごいですよね。 
千と千尋の神隠しの304億円を超えることができるのか・・・? 
楽しみにしていましょう。 

ここまでヒットすると、ディズニーの新アトラクションとして「アナと雪の女王」が登場する日も近いような気がしますね。 \(^o^)/