ディズニー A113 このコード番号の秘密・・・ ピクサーやその他のアメリカ映画に出てくる謎の正体

ディズニー映画と「A113」というコード番号には隠された秘密があった・・・ピクサー映画やその他のアメリカ映画に出てくるこの謎のコード番号の正体は・・・へぇーそうなのというものでした。



「A113」という謎のコード番号。 

この番号が「ディズニー映画」「ピクサー・アニメーション・スタジオの映画」とつながりがあったとは・・・ 

って・・・ 
何だか謎めいた書き出しになってしまいましたが、そんなミステリー的なものではないんですよ。 (^^ゞ 


disney_movie_code_a113


実は、この「A113」という一見何を表しているんだか分からないコード番号のようなもの。 

これが、たくさんのディズニーやピクサー映画の中に出てくるんですよ。 

時には「車のナンバー」だったり「マンションの部屋番号」だったり・・・ 
もっと目立たない「背景の一部に書いてあったり」と、出現する場所も重要度も様々なんです。 


この「A113」の番号は、ディズニー、ピクサーだけではなく、たくさんのアメリカ映画の作品の中に出てくるんだそうです。 


で・・・ 
「A113」は何の番号なのかというと「カリフォルニア芸術大学の教室の番号」なんだそうですよ。 

えっ? 
それどういう事? 

じつは、「カリフォルニア芸術大学」を卒業した人たちが、自分の大学に対する誇りの表れとして、映画作品の中のどこかに「A113」の文字を使用しているんだそうです。 


ピクサーのアニメーション映画「カーズ」の「メーターのナンバープレート」や「列車の型番」。 

「ファインディングニモ」の「ダイバーが持っているカメラの型番」などなど。 

多くの映画作品の中で「A113」という文字を発見することができるらしいんです。 

ただ、映画の中のどこに隠されているのかを見つけ出すのはかなり手間のかかる作業だとは思いますけどね・・・ (+_+) 


楽をして、本当にこの番号が隠されているのかを確認したいという人のために、どの映画のどの部分に隠されているのかをまとめておきますね。 

謎のコード「A113」が出現する映画とその場所


◆アイアン・ジャイアント
 アイアン・ジャイアントが噛り付いた車のナンバープレート。「3」の部分は欠けている。 

◆ウォーリー
 人間が地球を離れる際に、秘密裏に設定されたミッションのコードネームが「A113」。 
 自動操縦装置AUTOに与えられた極秘任務のコードネーム。 

◆カーズ
 メーターのナンバープレート。踏切に差しかかった列車の型番。 

◆カーズ2
 前作同様、メーターのナンバープレート。シドレーの尾部。 

◆カールじいさんの空飛ぶ家
 カールが出廷した裁判所の法廷番号。 

◆ザ・シンプソンズ
 ピエロのクラスティーが強盗容疑で捕まった時の囚人服のナンバー。 

◆トイ・ストーリーシリーズ
 アンディのママが乗る水色のミニバンのナンバープレート番号。「2」に限り、 空港のアナウンスにて”LassetAir Flight A113″とアナウンスされる形でも登場する。LassetAirは監督のジョン・ラセターにかけられている。 

◆バグズ・ライフ
 フリックが町に入った時にある、町の入り口の箱に書いてある文字。 

◆ファインディング・ニモ
 スクーバダイバーが構えているカメラの文字。 

◆プリンセスと魔法のキス
 ティアナが乗る路面電車の番号。 

◆ブレイブ・リトルトースター
 主人公たちのご主人ロブが住む都会のマンションの部屋番号。 

◆Mr.インクレディブル
 シンドロームの秘密基地にある部屋の番号、加えてMr.インクレディブルが拘束されている監房はA1レベルの13監房。 

◆メリダとおそろしの森
 森の魔女の家の扉の上に、ローマ数字で「ACXIII」と刻み込まれている。史上初となるアラビア数字以外の表記法での登場。 

◆モンスターズ・インク
 ゴミを圧縮する部屋へサリーが追いかけた時の背景の表示。 

◆モンスターズ・ユニバーシティ
 怖がらせ学部初級講義室の番号。 

◆リロ・アンド・スティッチ
 コブラ・バブルスが乗ったレンタカーや、消防車、トラックなど、すべての車のナンバープレート。 

◆レミーのおいしいレストラン
 体の大きなギットという名のネズミの左耳に、どこかの研究室でつけられたような「A113」のタグがついている。 

※wikipediaより引用 



どうですか? 
DVDを持っているから調べてみようか! 
とか思っている人も多いかもしれませんね。 

これ以外にも「ミッション・イン・ポッシブル4」にも「A113」の番号が出てくるらしですよ。 

いいですね。 
ちょっと遊び心もあるし、自分たちと大学に対しての誇りも隠されているし・・・ 
何よりも、表現の仕方がアメリカっぽいと思いますね。