ディズニーランドとディズニーシー 来場者数が過去最高記録を更新! 4月に入っても来園者数は好調ですよ

ディズニーランドとディズニーシーの2013年度の来場者数が過去最高記録を更新しました。これは2012年度に続いて、2年連続の記録更新となります。8%の新消費税率が導入された4月に入ってからも来園者数は好調のようですよ。今日も「トイストーリーマニア」は200分を超える待ち時間となっています・・・



2013年度のディズニーリゾートは、「オープン30周年」を迎えて、年間を通じて30周年イベントが行われていました。 

そういった影響もあってか、ディズニーランドとディズニーシーを合わせた、2013年度の来場者数(入園者数)が過去最高記録を塗り替えたんです。 


disney_30th_the_happiness_year

ディズニーリゾートを運営する、オリエンタルランドの発表によると、2013年度のディズニーランドとディズニーシーを合計した全入場者数は、3129万8000人だったそうです。 

すごいことですねぇ・・・ 
30周年の節目の年に、入園者数の過去最高記録を更新するなんて。 

ちなみに、これまでの過去最高記録は、2012年度の2750万人だったそうです。 
・・・ってことは、毎年業績好調なんじゃないですか! 



それに・・・ 
2012年度・・・約2750万人 
2013年度・・・約3130万人 

前年度よりも、380万人も伸びているってことでしょ! 

これはすごいことですよね。 
不景気の影響で、家計の財布のひもは固くなっているし、旅行やレジャーにお金をかけられない人が多い時代にあって、2年連続で来場者数の最高記録を塗り替えるなんて・・・ 

もはや、「レジェンド」の領域ですね。 


ライバルは、自分自身です・・・的なレベルでしょ。 



ディズニーリゾートの入園者数は、どのような伸びをしているのでしょうか。 
ちょっと気になりませんか? 

では、過去10年間の来場者数の推移を見てみましょう。 

ディズニーリゾートの過去10年間の入園者数の推移 
2004年度~2013年度


◆2004年度:2502万人 
◆2005年度:2477万人 
◆2006年度:2582万人 
◆2007年度:2542万人 
◆2008年度:2722万人 
◆2009年度:2582万人 
◆2010年度:2537万人 
◆2011年度:2535万人 
◆2012年度:2750万人 
◆2013年度:3130万人 

2013年度は、初めての3000万人突破ということになるんですね。 

過去10年のデータを見ると、約2500万人くらいで推移していますら、2013年度がいかにすごいかがよく分かりますよね。 


4月に入って、新消費税率の影響で、客数がガクッと減るのかと気になっていましたが、4月3日現在では、その影響は感じられませんね。 

3月の最終週の「超超混雑」に比べれば、4月に入って若干混雑具合が緩和されたかな・・・くらいです。 

今日も、人気のアトラクションは180分とか200分を超える待ちが出ていますよ。 

ちなみに、「トイストーリーマニア」は、4月3日18:30現在、180分の待ち時間となっています。 
トイストーリーマニアの、今日の最高待ち時間は、9:30頃の280分でした。 
4月6日(日)までは、この状態は続きそうですよ・・・