目隠し フルコース ディズニー ダイニング ウィズ ザ センスは、驚きと感動のようですね

東京ディズニーランドホテルで開催されている、アイマスクで目隠しをされて味わうフルコース「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス」は、驚きと感動の連続のようです。目隠しをしたまま席まで案内されて、ずっと何も見えないままにフルコースを堪能するという、ちょっと変わったイベントがあるんですが、これが本当に魔法にかかっているかのようで、かなり楽しめるようなんです。



料理は五感で楽しむものである。 

その常識を覆してくれるような、ちょっと不思議なプログラム(イベント)が、東京ディズニーランドホテルで開催されているんですよ。 


目隠しをされたままで、フルコースの料理を味わうというイベント。 


disney_dining_with_the_sense


「ディズニー・ダイニング・ウィズ・ザ・センス~ディズニー映画『アラジン』より~」

このイベント・・・ 
目隠しをされたままで、食事をするんですよ。 (@_@) 

ちょっと普通じゃあ考えられないようなことですよね。 


料理って、彩りよく盛り付けられた見た目を楽しみ、 
香ってくる匂いを楽しみ、 
ジューッという音を楽しみ、 
口に入れた時の食感を楽しみ、 
口の中で味を楽しみ・・・ 

というのが基本なんですが、この企画では「視覚」を奪われてしまうんですね。 



このパーティーの案内役であるシェフが登場。 
このシェフは、不思議な魔法の力を持つ「マジカルシェフ」なんだそうです。 


disney_dining_with_the_sense_image


ゲストは「アイマスク」を着けるよう指示されて、何も見えない状態で、キャストに手を引かれて席まで案内されます。 

案内される席も、連れ同士はバラバラにされてしまうようですよ・・・ 


そして、アラジンの陽気な(?)ランプの精「ジーニー」の声に導かれて、食事が始まります。 

まずは乾杯。 
アラビア語で「フィ・セッハトクム」・・・意味は「みなさんの健康を願います」なんだって。 


いよいよ料理が運ばれてくるのですが、当然、どんな料理が並べられているのか分からない状態ですよね。 

一品目の料理が料理が運ばれてくると、ジーニーが「シェフ、こんなんじゃつまらない。少し手を加えて!」 
と・・・ 

すると、目の前に置かれているランプの形をした器の中の料理は、サラサラした砂(?)の中に・・・ 

ジーニーが魔法でお料理を砂の中に隠してしまったのでしょうか。 
写真画像の右下です。 

こんな感じで、全く何も見えない状態でフルコースの食事が進んでいくんですね。 



ドリンクも、「シャンパン」を飲んでいたと思ったら「赤ワイン」に変わっていて、また知らないうちに「白ワイン」に・・・ 

「アップルジュース」が、いつの間にか「オレンジニュース」、そして「ウーロン茶」に替わっていたり。 

飲んでも飲んでも、知らないうちにまたグラスはいっぱいになっているらしいですよ。 

キャストの人たち、かなり大変そうですよね。 
気配を消してドリンクを注いだり、料理を出したり。 

・・・って、そんな事を考えちゃダメだよねぇ~ (^_^;) 


これは、「ジーニー」と「マジカルシェフ」の魔法にかかっているんだ・・・って思わないと。 

実際にこのイベントに参加した人たちの声を聞いてみると、「本当に魔法にかかったみたいですごく楽しかった」とか、「よく考えられていて、演出も良かったです」など、非常に満足度は高いようですね。 

東京ディズニーランドホテルのフルコースメニューですし、味も一流でしょうからね。 


アイマスクで目隠しをすることによって、「魔法の世界」へ入って行くという感覚を持って参加できる人は、この企画を純粋に100%楽しむことができるのではないでしょうか。 

ちなみに、料金は1人13000円(オリジナルグッズ付き)です。 

コースの内容は、 
お料理 
 オリジナルコースメニュー:着席 
お飲み物 
 乾杯用スパークリングワイン/ワイン(白・赤) 
 ソフトドリンクのフリードリンク 
オリジナルグッズ 

開催期間は、2014年7月20日(日)から8月27日(水)までです。 

申込は、ローソン(ローチケ)または、ミニストップで行うことができます。 
ネット予約もできます。 
ローチケcomサイトはこちらです。