TDL ワンスアポンアタイム Newレギュラーショーとは? 開催期間を気にしていた人に朗報

2014年5月29日から開催されている、プロジェクションマッピングを使ったTDL(ディズニーランド)のショーアトラクション「ワンスアポンアタイム」が「Newレギュラーショー」になりました。今まで、いつ終わってしまうのかと、開催期間を気にしていた人にとっては朗報ですね。



お盆休みも終わりですね。 
みなさん、楽しい休日になりましたか? 

といっても、まだ今頃は帰りの高速道路や、飛行機、新幹線などで移動中という人も多いのかもしれませんね。 

もしかしたら、「まだ今はディズニーリゾートにいるよ!」
という人もいたりして・・・? 

いっぱい楽しんで、気を付けてお家まで帰ってくださいね。 
特に、運転の人は気を付けてね・・・ 


このお盆期間中も、ディズニーリゾートは多くの人たちでにぎわったようです。 
たくさんのアトラクションと並んで人気が高かったのが、プロジェクションマッピングを使ったショー「ワンスアポンアタイム」です。 

1日2回の上演なのですが、シンデレラ城の正面の「中央鑑賞エリア」で観るためには、抽選に当選しなくてはいけないんですね。 

やっぱり、中央鑑賞エリアから観たいよね~ということで、みなさん抽選をするのですが、当たるかどうかは運次第ですからね・・・ 

「ワンスアポンアタイム」の公演期間が終わってしまう前に、なんとしても「中央鑑賞エリア」から見てみたい! 
という人は結構多いと思います。 


というのも・・・ 
2014年5月に「ワンスアポンアタイム」が開始する時点では、開催期間については全く明らかにされていなかったんですね。 

「5月29日開催」というだけで、期間限定のイベントなのか、いつまでやるのかなどは公表されていなかったんです。 

ですので、「6月で終わっちゃうんじゃないか?」などの憶測が飛び交っていたりしたんです。 


ですが・・・ 
ここへきて、「ワンスアポンアタイム」のページに「Newレギュラーショー」の文字が! 


tdl_once_upon_a_time_new_regular_show


ねっ! 

これで正式に「レギュラーアトラクション」となったということでしょう。 \(^o^)/ 

これはとっても嬉しいお知らせですよね。 
「いつ終わっちゃうんだろう・・・」と、不安に思っていた人もたくさんいたでしょうから、まさに「朗報」ですね。 


「ワンスアポンアタイム」は、20台のプロジェクターによって、シンデレラ城の壁面に巨大な映像を映し出すというシステムで、総工費は20億円かかっているんだとか・・・ (@_@;) 

また、画像だけでなく音楽や花火などの効果も駆使してのエンターテイメントですから、そりゃあお金もかかりますよねぇ・・・ 

実施に「中央鑑賞エリア」で観た人は、すごく感動的だったという評価をしている人が多いですし、レギュラー化してくれて良かったですよね。 

今後は、プロジェクションマッピングを使用したアトラクションやショーなどもたくさん登場しそうですよ。 

ディズニーシーにもプロジェクションマッピングが導入されるんです!