鉄拳 ベイマックス AIのSTORYとパラパラ漫画が感動的! ディズニー映画の公式PVに採用

鉄拳のパラパラ漫画が、ディズニー映画「ベイマックス」の公式プロモーション動画に採用されたんです。主題歌「AIのSTORY」をBGMに鉄拳が描く「タダシ」と「ヒロ」、そして「ベイマックス」のパラパラ漫画がとても感動的です。鉄拳作品独特の優しいタッチの画像と、ちょっと悲しいストーリーが印象的なPVです。



心が熱くなりました・・・

鉄拳のパラパラ漫画最新作品はディズニー映画「ベイマックスのPV」でした。 


tekken_baymax_pv


鉄拳さんといえば、お笑い芸人というよりも「振り子」などに代表される「パラパラ漫画」が有名ですよね。 

これらの作品は、海外のアーティストからも高く評価されているんです。 


それが、今回はディズニーの御眼鏡にも叶ったということになるのですが、12月20日に公開されるディズニー最新映画「ベイマックス」の公式プロモーションビデオ(PV)に採用されたんです。 
これは、かなりの快挙なんですよ。 


これまでのディズニー映画のPVは、ディズニースタジオのクリエイターが制作したものだけしか採用されていないんです。 

外部のクリエイターの作品を採用するに至った背景には、鉄拳さんの描くパラパラ漫画の温かい画風や、ちょっと切ないストーリーや細やかな心の動きを描画している点などが評価されたのではないでしょうか。 




「ベイマックスPV」は、この映画の主人公「ヒロ」とその兄「タダシ」とが、お互いを思いやるシーンから始まります。 

タダシはヒロのために「ベイマックス」を造り、3人の楽しい時間が続くはずが、タダシはヒロの前からいなくなってしまう。 

落ち込むヒロ。 

そんなヒロを慰めようとするベイマックス。 

やがてヒロとベイマックスの間には絆が芽生えます。 



ネタバレになってしまうといけないので、ストーリーについてはあまり細かく触れませんが、この作品の最後に残るのは「心が温かになるなにか」でした。 

でもちょっと悲しいんですよね・・・ 


パラパラ漫画の裏にある「メッセージ」というか、「想い」のようなものを感じることができる作品だと思います。 


「振り子」もそうでしたが、鉄拳さんの作品って、「優しさ」「悲しさ」が同居しているような気がするんですよねぇ・・・ 

観終わった後は感動するのですが、その後に、なんだかポッカリと心に穴が開いたようになっちゃう気がします。 

せつないなぁ・・・って。 

いつも自分の傍にいて、自分を支えてくれている人の大切さに気付かされる作品でした。