アナと雪の女王 映画 上映会が中止に! DVD発売後も映画がヒットしているのが原因?

ディズニーの大ヒットアニメーション映画「アナと雪の女王」を市民向けにと計画されていた映画上映会が中止になり、話題となっています。ウォルト・ディズニー・ジャパンからの映画上映の中止要請によって、兵庫県篠山市で8月23日に計画されていた上映会が取りやめになったんです。DVD発売後も映画がヒットしているのが原因なの?見てみましょう。



アニメーション映画の興行収入記録を今も伸ばし続けている大ヒット映画「アナと雪の女王」を巡って、ちょっと残念なことが起きてしまいました。 

2014年8月23日(土)、兵庫県篠山市で市民向けに上映されることが決まっていた「アナと雪の女王」の上映会が、急きょ取りやめになってしまうという事態が発生しました。 


the_snow_queen_and_ana_jyoueikaityuushi


これは、映画の配給元である「ウォルト・ディズニー・ジャパン」が市民向けの映画上映会を中止するように求めたことによるものなんですね。 

楽しみにしていた人もたくさんいたことでしょう。 
もしかしたら、8月23日に上映会があるからといって、映画館へ行くのを控えていた人もいるかもしれませんよね。 

「アナと雪の女王」の上映会を楽しみにしていた人たちにとっては、まさに寝耳に水。 
本当にかわいそうな話です・・・ (+_+) 


なぜ、このような事態になってしまったのでしょう・・・ 


まず挙げられるのが「アナと雪の女王がいまだに劇場公開されている」ということです。 

そうなんですよ。 
「アナと雪の女王」の映画は、2014年3月に全国ロードショーとなり、公開初日から多くの観客動員を続けて、現在もまだ劇場公開されているほどの大ヒット映画なんですね。 


ウォルト・ディズニー・ジャパンとしては、現在も映画館で公開されている作品を、無料またはそれに近いような安価な金額で上映されてしまっては、正規の料金を支払って劇場で見ている人たちに不公平感を持たせてしまうと考えたのでしょう。 

まあ、これは当然といえば当然の措置なのかなぁ~と思いますよね。 


しかし、映画館で観るのと公民館などで観るのとでは、音響効果やスクリーンに映し出される映像の画質などに大きな違いがあるので、金額的な不公平感はさほど大きく感じないのかとも思いますけどね。 


今回の上映会を企画した兵庫県篠山市も、3月に公開した映画が8月になってもまだ劇場公開され続けているとは予想もできなかったんでしょうね。 

これは、ディズニーにしても同じことだと思いますが・・・ 

だって、「アナと雪の女王のDVD」は7月16日に発売されているんですからね。 

劇場公開を終えて、しばらくしてからDVDが発売されるというのが一般的だと思うのですが、「アナと雪の女王」の場合はDVD発売後も映画館で上映され続けています。 

ホントにすごい人気なんですね・・・ (@_@;) 


今回の上映中止要請ですが、同じ兵庫県内の他の自治体では、すでに上映会をやってしまった市や町もあるようで、このあたりの不公平感もちょっと疑問に思ってしまいますね。 

いろいろな事情はあるのでしょうが、何よりもかわいそうなのは、この上映会を楽しみにしていた子どもたちですよね。 
泣いちゃってる子もいたんじゃないのかなぁ・・・ (T_T) 

しょうがない! 
お父さん、お母さん、子供さんを連れて映画館へGOですよ!